忍者ブログ

観たり読んだり書いたり食ったり。

読んだり観たり書いたり食ったり、したこと書きます。
TIME :

さとp

非公開

2016/07/12
10:45
「猫の神様」東良美季



 数年前から始まった深夜ローカルのトーク番組を気に入ってよく見ているのだけれど、ゲストの方々は本を出している人が多く、よく本の紹介をしている。で、その日の勝谷誠彦氏が絶賛していたのが、この本。
 実は作者である東良氏がどういう人物かと言うのは、ゲストに出られたのがもうずいぶん前のことではっきりとは覚えてはいないのだけれど、物書きだあるということは覚えている。
 Twitterをなさっているようなので貼っておく。東良美季(@Tohramiki)、こちらを見るのがうろ覚えの説明を読むより断然正確である。

 2012年に発売された本でさほど古い本ではないとは思うんだけど、数件の本屋を回っても見つけることが出来ず、ネットで購入。
 実はネット購入はあまり好きではなくて、はやり手に取って中身をちらちら眺めて吟味をしたい。紹介文を読んだり聞いたりして興味を持った本でも、いざ中身を見てみると思っていたのと違うものがあったりすることがあるから。
 最近はネット通販でも立ち読み出来るシステムになっていたりもするけど、向こうが提示するのを一方的に見ることしか出来ないから、はやり苦手。
 それはさておき。
 注文してからしばらくして本が到着。読み始める。
 最初に言っておくと、猫は好きだが飼っていないし、今までも飼ったこともない。この本の前情報として、勝谷氏が絶賛していた、ということと、猫の話、ということしか知らなかった。
 著者の東良氏は、ジョギング中に見つけた二匹の子猫を、一旦は走り去ったのだけれど気になって再び戻り連れて帰ることになる。この二匹との出会いと別れの話。
 十年以上も飼っていて、その間には楽しいことや嬉しいことがたくさんあったのだと思うし、写真もある程度あっただろうと思うのだけれど、ここで描かれているのは、猫たちとの暮らしの出会いと別れだけ。ほとんどが闘病生活についてのこと。
 のっけから二匹の内に一匹、ぎじゅ太の死から始まる。ぎじゅ太が死んで後、もう一匹のみゃ太の調子が悪いことに気付く。ぎじゅ太の時、自分がいたらなかったと思っていた氏は、みゃ太の時にはそうならないように頑張る。その一生懸命さに、ただのペットではない家族の一員として労り、その変化を見逃さないように気を配り、すごく大切に思っているのがわかる。わかるだけに、最後の時を迎えるときには、ポロリポロリと涙がこぼれた。
 柔らかい文章で、猫の様子や季節の移り変わりが、なんというか目の前に広がるような感じ。飼い猫の死というバッドエンドではあるけれど、読み終えたとき気持ちよくなる一冊だった。
 
PR

2009/03/23
19:51
「MY SWEET HOME~君に伝えたいこと~」



フォトエッセイ。
エッセイと詩とインタビューが収められている。

川村カオリを知ったのは、デビューから少したった頃で、一番最初に聴いたのは、ベストアルバムだった。
音楽を聴くのは嫌いではないが、アルバムやグッズを買い集めるほど特定の歌手を好きになったことはない。
そんな中で、彼女はアルバムを買った数少ない人。

声と歌詞が好き。

この本は、一人娘に贈る本。
だけど、その娘さんと同年代の人のためだけじゃなく、どの世代にも受け入れられる内容だと思う。

凹んでいるときには、勇気をもらえる。
元気なときは、さらに元気に、
誰かに愛をあげたい気持ちになる。

彼女の言葉。
好きです。 にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村

2009/02/09
11:15
「精神のけもの道」春日武彦:文 吉野朔美:漫画



先日読んだ香山リカ氏の本に引き続き、またまた精神科医の先生のエッセイ。
間に吉野氏の漫画もあり、楽しめるし、サクサク読める一冊。
 
「これって、どうよ」
とか、
「ちょっとその心理はわかりかねる」
とか、
「そうすることに、何か意味が?」
というようなことを、大小のエピソードを交えて語ってる。
 
そういう行動を行ってしまうとき、人はけもの道に足を踏み入れているんだということで、「精神のけもの道」というタイトル。

第五話「つまらないことほど大切」の中で語られる、
「神経症の人はなぜつまらないことで悩むのか」という話に、共感。
 
「治りたいけど、治りたくない」というのは、まさにその通りだといえる内容だった。わかっているけど、そういう考えに取り込まれちゃうことってあるんだなぁ。
これが、けもの道に足を踏み入れたってことなのか。
 
なかなか面白い一冊だった。

2009/02/04
00:34
「精神科医ですがわりと人間が苦手です」 香山リカ  大和書房

精神科医でテレビにもときどき出演している、香山さんのコラム。

新聞に連載されていたのを本にしたもの。

一つ一つが短いコラムなので、サクサク読めた。
こんな人だろうなぁと思っていた通りの人だった。
時に失敗したり、精神科医であることにフラフラしたり。

精神科の裏話やら、不思議な患者の話やら。

病室に二人の患者と先生の三人でいる中で、
患者二人に、
「声が聞こえない先生のほうが、間違っているんじゃない?」
といわれてとじろいたり。

納得したり、驚いたり、そして思わず笑ったり。

読み終えた後に、何が残るかといえば、何もないのだが、
とにかく楽しく読める一冊だった。