忍者ブログ

観たり読んだり書いたり食ったり。

読んだり観たり書いたり食ったり、したこと書きます。
TIME :

さとp

非公開

2016/07/12
10:45
「猫の神様」東良美季



 数年前から始まった深夜ローカルのトーク番組を気に入ってよく見ているのだけれど、ゲストの方々は本を出している人が多く、よく本の紹介をしている。で、その日の勝谷誠彦氏が絶賛していたのが、この本。
 実は作者である東良氏がどういう人物かと言うのは、ゲストに出られたのがもうずいぶん前のことではっきりとは覚えてはいないのだけれど、物書きだあるということは覚えている。
 Twitterをなさっているようなので貼っておく。東良美季(@Tohramiki)、こちらを見るのがうろ覚えの説明を読むより断然正確である。

 2012年に発売された本でさほど古い本ではないとは思うんだけど、数件の本屋を回っても見つけることが出来ず、ネットで購入。
 実はネット購入はあまり好きではなくて、はやり手に取って中身をちらちら眺めて吟味をしたい。紹介文を読んだり聞いたりして興味を持った本でも、いざ中身を見てみると思っていたのと違うものがあったりすることがあるから。
 最近はネット通販でも立ち読み出来るシステムになっていたりもするけど、向こうが提示するのを一方的に見ることしか出来ないから、はやり苦手。
 それはさておき。
 注文してからしばらくして本が到着。読み始める。
 最初に言っておくと、猫は好きだが飼っていないし、今までも飼ったこともない。この本の前情報として、勝谷氏が絶賛していた、ということと、猫の話、ということしか知らなかった。
 著者の東良氏は、ジョギング中に見つけた二匹の子猫を、一旦は走り去ったのだけれど気になって再び戻り連れて帰ることになる。この二匹との出会いと別れの話。
 十年以上も飼っていて、その間には楽しいことや嬉しいことがたくさんあったのだと思うし、写真もある程度あっただろうと思うのだけれど、ここで描かれているのは、猫たちとの暮らしの出会いと別れだけ。ほとんどが闘病生活についてのこと。
 のっけから二匹の内に一匹、ぎじゅ太の死から始まる。ぎじゅ太が死んで後、もう一匹のみゃ太の調子が悪いことに気付く。ぎじゅ太の時、自分がいたらなかったと思っていた氏は、みゃ太の時にはそうならないように頑張る。その一生懸命さに、ただのペットではない家族の一員として労り、その変化を見逃さないように気を配り、すごく大切に思っているのがわかる。わかるだけに、最後の時を迎えるときには、ポロリポロリと涙がこぼれた。
 柔らかい文章で、猫の様子や季節の移り変わりが、なんというか目の前に広がるような感じ。飼い猫の死というバッドエンドではあるけれど、読み終えたとき気持ちよくなる一冊だった。
 
PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら