忍者ブログ

観たり読んだり書いたり食ったり。

読んだり観たり書いたり食ったり、したこと書きます。
TIME :

さとp

非公開

2016/06/06
10:42
「あめふらし」長野まゆみ


久ぶりに長野氏の本を読む。
古書店で見かけたのでつい。普通に書店で見かけたのなら、しばし考えもするのだけれど、古書店だったで即買いしてしまった。
長野氏と言えばデビュー作の「少年アリス」から数冊、追いかけて読んでいた。物語より文章を読む作家のひとり。物語が面白くないわけではないけれど。
あと、世界感かな。文章が醸し出す雰囲気が好きだった。うろ覚えなのだけれど、旧漢字や旧仮名遣いが使われていて、そう言うところが当時は新鮮に感じたのかな。
 
それはさておき。
「あめふらし」の話を。
 
短編集なので一作だけ読んでも十分面白いのだけれど、読み進めて、あぁそういう事か、と最後にポンと手を打つ。
そういう事かはネタバレになるので伏せておくけれど。
 
主人公の市村はうずまき商會という怪しげな会社で働くことになる。社長の菊河は信用できそうになく、先輩社員の仲村にはどうにも嫌われているようで、やめたいとは思うものの弱みを握られそうも出来ず。菊河に言われるまま仕事に出かける。そしてそのたびに、不思議な空間に入り込むのだった。
当の本人は夢か幻かと思っているのだけれど、菊河と仲村にはその真相がわかっている様子。
登場人物たちも一風変わっている。その描写から人間ではない別のもののような、でもそれはにおわせるだけで断言はしていない。
そんなところに想像する楽しみも生れて、始終楽しく読めた作品。
それから漢字。やはり難しい感じを使う。
例えば「洟たれ」。「鼻たれ」じゃ、いかんのか、と。「シャツ」を「襯衣」と書いてあったり。読みにくいったらありゃしない、なんだけど、それがまたこの小説というか物語に合っている気がする。
そのせいか、舞台となる時代を勝手に昭和初期もしくは大正時代ぐらいに思っていた。途中でコンタクトレンズがとか携帯がとか出てきて、ちょっと驚いたのだけど、どこにも大正だの昭和初期だのをにおわせる描写はないのだから完全に思い違い。
描写といえば、うわっ、なんて声を上げそうになった描写があって、すこし抜粋するけれど「火にかけた酢水のなかへ落とした卵はたちまち白い衣をまとって気味をつつみこむ」っていきなり卵がどうのと出てきて、なんのこっちゃと思っていたら、太陽の描写だった。
「ちょうどそんなふうに、太陽はうすい雲におおわれている」と続くのだ。
話しの流れ上、「太陽はうすい雲におおわれている」だけでも十分だと思うのだけれど、あえてこんな描写をいれるところにこの人らしさを感じたりもする。
しかし、こういう描写はスラスラと書いているうちに出てくるのが、それとも何かが降りてきたの如くひらめいたのか、それともうんうんと絞り出したのか。興味深い。
もう一つ、セリフに『』がついていない。改行もすることなく、地の文と同じようにだらだらと続けて書いてある。
不思議なことに、どれが誰の台詞かというのが、読んでいてもまったく混乱せずにわかる。機会があればやってみよう。


改造版 少年アリス/長野まゆみ【中古】

価格:700円
(2016/6/6 10:30時点)
感想(0件)

少年アリス/長野まゆみ【中古】

価格:800円
(2016/6/6 10:40時点)
感想(0件)


ついでと言っては何だけど、デヴュー作の「少年アリス」を貼っておく。
これ、後に改造版なるものが出たんだけれど、どちらかというと最初の方が好み。
PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら