忍者ブログ

観たり読んだり書いたり食ったり。

読んだり観たり書いたり食ったり、したこと書きます。
TIME :

さとp

非公開

2017/12/18
19:36
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2016/05/24
20:41
「ひそひそ星」

ひそひそ星 [ 園子温 ]

価格:3,024円
(2016/5/24 20:03時点)
感想(0件)




ずいぶん前にTwitterか何かで知った映画なんだけど、予告を観ていいなぁと。
そう思ったものの、すっかり忘れていたんだけれど、つい先日またTwitterでこの映画のことを呟いている方がいて、いい作品だとのことだったから、やはり観なくちゃとなったしだい。
物語は簡単で、アンドロイドの鈴木洋子が宇宙船にのって、郵便物を宅配するというもの。
主に出てくるのは鈴木祥子と彼女が載っている宇宙船のコンピューター。
宇宙船内は昭和初期を思わすレトロなもので、ワンルームのなかに洗濯機やら流しやらがある。
アンドロイドなのに、時々何か飲んでいるのが不思議。お湯を沸かしたりして。
洗濯もするし、何度か電池も変える。電池で動いているところが、ツボにはまってしまった。(笑)

終止たんたんと映像が流れて、静かで、宅配先は荒涼としたところばかり。
アンドロイドなだけに、表情は変わらないんだけれど、宅配先に降り立ち、先方と出会うとき、何かが起こるような予感が感じられて、ちょっとドキドキしたりする。
監督は園子温氏で、氏の映画は「愛のむきだし」しか観ていなくて、この映画は長いしハチャメチャだし、派手な映画を撮る人なのかと思っていたけれど、この映画は全然違った。
静かだし、たんたんとしているし、すごく不思議な映画だった。
一回観ただけでは、解釈出来ないような、そんな映画。

愛のむきだし [ 西島隆弘 ]

価格:4,811円
(2016/5/24 20:39時点)
感想(11件)




ちなみに ↑ これが愛のむきだし。ホントにしっちゃかめっちゃか何だけど、面白い。
PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら