忍者ブログ

観たり読んだり書いたり食ったり。

読んだり観たり書いたり食ったり、したこと書きます。
TIME :

さとp

非公開

2009/02/23
14:55
「少年メリケンサック」

宮崎あおい主演、宮藤官九郎脚本監督。


あらすじ

レコード会社の契約社員のかんな。
ネットで見つけたパンクバンドが社長の目にとまり、首を免れる。
元々パンクバンドをしていた社長はのりのりで、早速自社HPでそのバンドを紹介。
予想外に反応があり、CDやらライブやらどんどん話は進む。
そして契約を任されるかんな。

で、いざそのメンバーの一人に会いに行くと、ネットでの映像は25年前のものと判明。
現在のメンバーはみんな中年のオッサンたち。
その事を社長に言おうとするのだが、言いそびれてしまうかんな。
乗り気になるオッサン連中。
その一人に、最後までウソを突き通して、最後の最後で奇跡を起こせばそれが本当になる。
なんていわれて、言い返せない、というか変に納得。

だが、奇跡は起こらなかった。
なんせ25年ぶりの演奏なのだから、上手くいくはずがない。
社長は怒るし、それでもライブの場所はすでにおさえてあるから、
仕方がないのでろくに演奏も出来ないメンバーを引き連れて、ライブツアーに出る羽目に。

メンバーのろくでなしぶりに、泣く、わめく、怒る、逃げるかんな。
恋人に癒されつつ、なんとなくパンクというかメリケンサックの歌にひかれていくかんな。

映画の中盤をすぎた頃に、たまりかねたかんなが逃亡を図る。
バンドの面々を放っぽって、恋人のコンサートへ行く。(コンサートというより、音楽会、というかお披露目会みたいな漢字)
そこで、恋人の歌をつまらなく思い途中退場。

バンドの面々はといえば、かんながいないとライブ会場にもたどり着けない。
道に迷って同じ場所を行ったり来たり。

「俺はやりたいんだよ」
という、佐藤浩市の言葉に、みんなが立ち上がる。
そして、少年メリケンサックが復活する。
そして、かんなも帰ってくる。


宮藤さんが脚本なので、笑える。
大笑いはしないものの、クスクス笑いが絶えることがない。
本筋とはあまり関係ないところでも、笑いがある。
登場人物一人ひとりが可笑しい。
普通な人はいない。

特にツボだったのが、田辺誠一が演じている歌手。
その行動の一つ一つが面白くてたまらん。

シーンで言えば、かんなが恋人の浮気現場に遭遇するシーン。
あまりにも淡々としていて、それがものすごくおそろしい。


観てよかった。
笑えてちょこっと元気のでる映画だった。


 

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら