忍者ブログ

観たり読んだり書いたり食ったり。

読んだり観たり書いたり食ったり、したこと書きます。
TIME :

さとp

非公開

2016/05/24
20:41
「ひそひそ星」

ひそひそ星 [ 園子温 ]

価格:3,024円
(2016/5/24 20:03時点)
感想(0件)




ずいぶん前にTwitterか何かで知った映画なんだけど、予告を観ていいなぁと。
そう思ったものの、すっかり忘れていたんだけれど、つい先日またTwitterでこの映画のことを呟いている方がいて、いい作品だとのことだったから、やはり観なくちゃとなったしだい。
物語は簡単で、アンドロイドの鈴木洋子が宇宙船にのって、郵便物を宅配するというもの。
主に出てくるのは鈴木祥子と彼女が載っている宇宙船のコンピューター。
宇宙船内は昭和初期を思わすレトロなもので、ワンルームのなかに洗濯機やら流しやらがある。
アンドロイドなのに、時々何か飲んでいるのが不思議。お湯を沸かしたりして。
洗濯もするし、何度か電池も変える。電池で動いているところが、ツボにはまってしまった。(笑)

終止たんたんと映像が流れて、静かで、宅配先は荒涼としたところばかり。
アンドロイドなだけに、表情は変わらないんだけれど、宅配先に降り立ち、先方と出会うとき、何かが起こるような予感が感じられて、ちょっとドキドキしたりする。
監督は園子温氏で、氏の映画は「愛のむきだし」しか観ていなくて、この映画は長いしハチャメチャだし、派手な映画を撮る人なのかと思っていたけれど、この映画は全然違った。
静かだし、たんたんとしているし、すごく不思議な映画だった。
一回観ただけでは、解釈出来ないような、そんな映画。

愛のむきだし [ 西島隆弘 ]

価格:4,811円
(2016/5/24 20:39時点)
感想(11件)




ちなみに ↑ これが愛のむきだし。ホントにしっちゃかめっちゃか何だけど、面白い。
PR

2016/04/16
20:28
「生きにくい・・・私は哲学病。」 中島義道

 アマゾンさんによると、2006年にアマゾンにて注文したそうだ。検索したらそんな履歴が出た事にも驚きなんだけど、10年も前に買っていた本だとは。
 ずいぶん長い間読んでいたから、それぐらいたっててもおかしくはないのだが。
 持ち歩きすぎて、結構ぼろぼろだわ。当然ながら最初の方は、何が書いてあったかなど、思えているはずもなく、かといって今しがた読み終えた章をかいつまんで説明しろと言われても、これまた困ってしまうのだけど。
  印象としては、ここまでいろいろなことを気にしていたら、本当に生きるのがしんどいだろうなと。自分が日々うんうん考えて凹んで、もう生きてられないなどと戯言をいうのはちょっと恥ずかしいぐらいだ。
 ここまえいろいろ考えていてしんどい人でも、ちゃんと仕事をし生活をしているのだから、自分はもっと楽に生きられるはずだと、少々元気が出た次第。
  
  
  
  
  
  



 ブログランキング・にほんブログ村へ   ←←←ついでにここもポチっとお願いします。
にほんブログ村

2016/04/03
10:24
隠れ家的カフェ。

  このところとある用事で普段歩かない場所ををウロウロするのだけれど、ここがなかなか面白い。
少し前ブログで書いた古本屋さんとさほど距離の離れていない場所に、カフェを見つけた。
 高架下にある古い建物を改装、いや改装すると言うほども弄ってはいないと思える古いカフェ。いや、古いのは建物で、カフェが老舗というわけじゃない。
駅から続く高架の下にはいろんな店が並んでいて、古い店ばかりだ。
 半分ぐらいは何をやっているのかわからない店。外から見て食べ物屋だとわかるのが数件。開いているときに遭遇したことのないギャラリー、囲碁サロン等々が並んでいる。
 そうして古い店の並びにそのカフェはあった。



  Karoー馥郁焙煎工房(@fukuiku.karo)


 何度か前を通っていたはずなのに、全然気づかず。この日も看板は出ているものの、扉は少ししか開いてなくて、通り過ぎるときにちらりと中を覗き見るも、カフェという雰囲気が皆無。
 なんだろうここ。でも豆は売ってそうな感じがする。と思いつつ、一度通り過ぎる。その後用事を済ませ再び戻ってくると、中の人が顔を出していた。
「あの、豆売ってもらえるんですか」
 つい聞いてしまう。
「はい」
 との答えをもらい、中へ。やはりカフェと言う感じじゃない。だけど豆は並んでいたし、メニューも置いていた。とはいっても、コーヒーだけのメニュー。
 写真がないのが残念だけど、ただコーヒー名を書いているだけじゃなく、深煎りとか浅煎りとか書いてあるのでわかりやすかった。
 どれにするかと迷っていると、試しに飲んでみますかと言われ、中深煎りの物をもらうことに。
 普段はイタリアンローストを飲んでいるというと、出してくれた。
 その辺にどうぞ、と言われたのでペール缶で作った簡易イス(イスと呼べるのか)に坐り、同じくペール缶にお盆を置いただけのテーブルでいただく。
 ちなみに二人ぐらいしか座れない。ここ、本当にカフェか?なんて思っていたら、階段を見っけた。聞くとその上がカフェとのこと。
 なんだよまったく。見てきていいと言うので上がってみた。



 レトロな雰囲気で落ち着ける空間だった。窓に向いた席などは、暖かそうで長居をしてしまいそうだ。客が誰もいないことを言いことに、写真を撮りまくる。(笑)
 階段が細くて急で、ぼんやりしていたら落っこちそうだった。
 戻ってきたから豆を注文。この日は深煎りのシティロイヤルとカロストロングと浅入りのブラジルサントスにブラを購入。
 家に帰ってからサイトを検索してみると、おいしそうなケーキがたくさんうpされていて、今度来るときは時間をとって、ケーキを堪能したい。


 余談なんだが、豆を入れてもらっているのを待っているとき、ブラジルに仕事でよく行くと言うおじさんが入って来て、どうやら豆に詳しく、店主のにぃさんと豆の話をしていた。で、ここいらはよく散歩するんだが、まったく気づかなかったと。
 そしたら店主あにぃが、ここんとこ寒かったんでドア閉めてました。って、あかんやろーと心の中で突っ込んでしまった。
 ドア閉めたら、めちゃくちゃ入りにくいよ。ここ。
 でもそれだけに、知る人は知る隠れ家な感じで魅力的。
 
 

 ブログランキング・にほんブログ村へ   ←←←ついでにここもポチっとお願いします。
にほんブログ村

2016/04/01
14:44
「キャロル」

 



Twitter等で話題になっていた「CAROL」を観てきた。
フォローしているセクシャルマイノリティーの方々が絶賛していたので、これは見なければと。
何がすごいのかと言うと、セクシャリティーの書かれ方がしっかりしていると。今までの同性愛を扱った映画とは兎に角違うのだそうで。
 同性愛を扱った映画をたくさん見てきたかと言えば、そうでもないのでその違いと言うのをはっきり言うことは出来ないし、当事者でもないのでそういう観点からの感想は言えないとは思うのだけど、観ていて、あぁ同性愛の恋愛映画なんだね、という認識はあまりなく、二人の人間が出会って恋に落ちていろいろあったけど、最終的には結ばれるハッピーエンドな映画といして認識していた。


ちなみに、観たことのあるレズビアンが出てくる映画はこの二つなので、あんまり参考にならない気がしないでもない。



「愛のむきだし」は兎に角長くて奇想天外でハチャメチャで(これは個人的印象)同性愛がどうのこうのと言う点は、途中でどうでもよくなってしまったし、「バウンド」は同性愛よりもサスペンスのほうが自分の中では勝っていたので、濡れ場があったにもかかわらずあまり気にならなかった。ハッピーエンドだったしね。
「バウンズ」は兎に角面白かったので、機会があればぜひまた観たい。

すでにハッピーエンドとラストのネタばらしをしてしまったので今さらかもしれないけれど、以下ネタバレを含みます。


以下ネタバレ含む

2016/03/19
20:45
街の古本屋。

 閑静な住宅地の一角に、感じのいい古本屋さんを見つけた。
 所用で出向いていた昼下がり、近くに学校があり、子どもの声が閑静な中に響いていた。古い住宅が並ぶ中、ポッとその古書店は現れる。間口二間ぐらいの家々の間にぽつりと。
 「居留守文庫」。入口は小さいが、奥行きはありそうである。
 画像検索をしてみると、たくさんの画像が出てくるので、知る人ぞ知る店なのだと知る。
 検索画像にある通りの店内なのだけれど、こういう店では古本大手のブ〇クオフ等ではなさそうな本に巡り合えるので好きである。
 この店の門構えやら店内の様子もいい感じだなぁと思ったんだけど、一番いいなと思ったのがコンセプト。HP内に、「本に没頭しているときの幸せなありさまを「居留守」と呼んでみる」なんて書いてあり、上手いこというなぁと。
 その日は長居をすることが出来ず、隅々まで見て回ることが出来なかったのが残念でならない。今度ぜひ、時間を作って訪れるとしよう。

 短い時間ではあったのだけど、文芸書二冊を購入。


「通天閣」西加奈子
 前から気になっていた作家さんで、直木賞受賞しらのでその作品「サラバ!」を読んでみようかと思ったのだけど、「サラバ!」が長すぎてちょっと尻ごみをしていた。
 昔はあれぐらいどってことはなかったんだけど、今はちょっと体力が持たない気がして。
 先日テレビで又吉氏と話しているのを見ていたら、すごく楽しい人で興味が再燃。で、とりあえず目についたこの本を手に取ってみた。

「船を編む」三浦しをん
 先日映画を観て、今度アニメにもなるというニュースも見、ひょしと本棚を見たら目に入ってしまい、気がつくと手に持っていたという。(笑)

 

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
<<< PREV     NEXT >>>